ホーム > 暮らし > 様子見

様子見

実際にノートPCの前に座って、絶えず変化している為替相場をご覧になっているとトレードをせずにはいられなくなるという抑えようの無い感情に追い立てられる状況も少なくありません。

 

だけど、なんとなく感覚で売買するのは、避ける必要があります。

 

ご覧の通り、為替相場は24時間、いかなる時でもどこかの国で為替市場がオープンしているし、マーケットもいかなる時でも、変動しています。

 

だからといって、立て続けに注文を重ねていると、その分だけ損失を被る可能性が上がります。

 

当然、トレードの回数を増やすことによって、だんだんと勝利する可能性が半々になっていきます。

 

けれどもその事実は「ぼんやりとしたアイデアでエントリー」してしまうこととは別の話です。

 

売り買いの回数を増やすというのは自分が「ここは!」と直感した勝機を得られた状況での注文回数を重ねるという事を言っています。

 

理由がなく、次々と取引を繰り返すのとはかなり異なります。

 

相場の駆け引きに勝利するためには、白分でよく考えて緩急をつけることが必要です。

 

「ここがチャンス」と思った市場の時にはポジションを多くして、思い切り儲けを求めます。

 

「少し難しい外国為替市場で、どう変化するのか思いつかないな」と思い至った時は観念して売買ポジションを全部諦めて静観します。

 

そのくらいのメリハリをつける方が、最後には取引は儲けられます。

 

市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさに言葉どおりだと感じます。

 

FXとは、いかなる時でもポジションを保持する事が全部ではなくどのポジションも所有せず何もしないこともまた取引です。

 

それならば、どういった時に休めばいいのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、前に述べたように、最近のマーケットがはっきりと分からない時です。

 

ここからどちらにいくのかわからないような時は何も考えず行動すると、自身の考えたストーリーとは違った方向に外国為替市場が推移してしまい損をする事になります。

 

そのため、そうした時はポジションを整理して、何もしないで様子をみるのが良い方法です。

 

2番目に、自分自身の健康状態が変なときです。

 

体調と為替相場に関係性はないと思う方もいるでしょうが実際には思ったより関係があります。

 

体の具合がすぐれなければ相場の重要な状況で必要な決定が難しくなります。

 

気分が乗らない時は市場から距離を置くことも肝心な事です。

 


関連記事

  1. 気持ち悪くて思いっきり戻してノロウィルス

    気持ち悪くて思いっきり戻して、それからも何回も吐くし…おかしいなっ...

  2. お腹が痛くてトイレにこもりっきり

    いつもよく一緒にご飯食べに行ったりする友達が、今年の冬、珍しくあんまり連絡をくれ...

  3. 様子見

    実際にノートPCの前に座って、絶えず変化している為替相場をご覧になっているとトレ...

  4. ジャニーズグッズの買取は素人判断ではダメですか

    様々なものを鑑定してくれる番組がありますが、あれおもしろいですよね。高いお金を出...

  5. テスト

    テスト記事です。...