ホーム > 金融 > 頭の痛い問題

頭の痛い問題

任意整理という言葉は一般には借金の整理というふうに言われていておのおのの貸し手へ借金の返済を継続することを選択する借金を整理する手順のことです。

 

実際の手続きでは、司法書士の資格者もしくは弁護士有資格者債権者と借り手との間に入って相談し合い法律に照らしながら利息の再適用を行って一から計算した借入金の元金についての金利を減額する方法によって36か月程度の期間をめどに返済を行う債務整理の方策です。

 

この手順を踏む場合は裁判所などといった国家機関が手出しすることはないためこれとは異なる選択肢と比較すると手続きを取った場合における不利になる点がほとんどなく、手続き自体が借金をしている人にとってあまり頭の痛い問題にならないのでまず検討するようお勧めしたいやり方になります。

 

それに、貸し手がヤミ金といったような高い利息の場合には法が許している貸出利息を超えて支払った金利にあたってはその元金に充当すると判断され借入金の元金自体をカットすることもできてしまいます。

 

ですから、ヤミ金業者などの高額な金利を取る業者へある程度の期間返済している場合だと一定の金額をカットできることもありますし、10年近く返してきた場合だと元金自体がクリアーになる場合もあります。

 

任意整理のポイントですが、破産と異なり一定の借金のみをまとめることが可能なため他に連帯保証人が関係している負債額を除き手続きしていく際や住宅ローンの分を除き整理をしていく場合等においても適用することもできますし、財産を放棄してしまう義務はないので、クルマや住宅などの資産を持っているものの、処分したくない場合においても有用な債務整理の手順となっています。

 

しかしながら、これからの返済に必要な額と実現可能な可処分所得を検討し完済が見通せるようである場合はこの手続きを取るほうが良いですが、自己破産とは違い返済義務が消滅してしまうということではありませんので借入金の量が多い場合においては、現実問題として任意での整理の選択肢を選ぶのは困難だということになるでしょう。

 


関連記事

  1. 頭の痛い問題

    任意整理という言葉は一般には借金の整理というふうに言われていておのおのの貸し手へ...

  2. テスト

    テスト記事です。...